外傷とは?

 

一般歯科領域で扱う外傷とは交通事故、転倒などで口腔顔面領域に、粘膜の裂傷、顎骨骨折、歯牙脱臼・破折などがある場合です。

 

       外傷患者さんの治療方針の特異性

 

外傷によって来院された患者さんの治療方針は、いくつかの点で一般歯科診療とは異なります。多くの方がまず希望されるのは除痛と社会復帰です。それから、審美性、機能性などです。また、患者さんの気持ちとしても、

”痛くなったら歯医者さんに行こう”

というのではなく、行かざるを得ない状況なわけです。そのため、患者さんとしましては治療に必死になっておられます。私どもとしましてはそれらに、対応する必要があります。

 

       外傷患者さんの例

 

40代男性(バイクを運転中に飛び出してきた車と接触、転倒)

受傷翌日の状態。口は殆ど開かず、うまく話すこともできない状態。

左上2番・左下3番脱臼、左上3番歯冠破折による露髄、左上1番破折

<受傷後の写真>

<初診時のレントゲン写真>

<初診より約2ヶ月後>

外傷部位治癒後も他の部位の治療に通っておられますが、後遺症は無いようです。

 

 トップページ

 当院について

 診療内容

 設備

 診察時間

 アクセス

 院内感染対策

 メディアでの紹介
   院外活動

 新着情報

 よくあるご質問

 お問い合わせ

 医療関係者の方へ

 リンク

 子供さんから
   いただいたお手紙

 スタッフ紹介

 院長ブログ

 数学

 統計学

 暗号

 院長の遊び場

 心肺蘇生法

 AEDの取り扱い

 骨粗鬆症と抜歯

 病気・からだのお話

 海外技工物問題

 海外技工物問題2
       ベリリウム

 医療費控除

有資格者の方

 歯科医師

 歯科衛生士

 歯科技工士

 看護師

資格なし・学生の方

 歯科助手