フッ素イオン導入法

 

       フッ素塗布

 

虫歯予防処置としてよく耳にするのが、おそらく保健所などでもおこなわれることが多い、フッ素塗布でしょう。
これは歯のハイドロキシアパタイトをより酸に強いフルオロアパタイトに変化させて、虫歯菌が産生する酸に耐えられる歯を作っていくというのが狙いです。
これは簡易な方法で歯医者が苦手な子供さんでも比較的容易に施術できます。

 

       フッ素塗布とフッ素イオン導入の違い

 

ではなぜ簡易なフッ素塗布ではなくてフッ素イオン導入をおこなうのでしょう。
それはフッ素イオン導入法は、まずフッ素を歯に浸透しやすいフッ素イオンの状態にして、歯に取り込んでいきます。
そのため、フッ素塗布に比べると、5倍以上も深く象牙質へ浸透していきます。
これがフッ素塗布に比べるとフッ素イオン導入法のほうが非常に効果的といわれる理由です。

 

       フッ素イオン導入法の方法

 

まず患者さんのお口にあった大きさのトレーを用意します。(このトレーはディスポーザブルです)
次に、このトレーに虫歯予防のフッ化ナトリウムを染み込ませてくわえてもらいます。この状態で患者さんに電極を握っていただき、イオン導入を開始します。
上下それぞれ数分で終わります。
この処置にはまったく苦痛は伴いません。

 

 

 トップページ

 当院について

 診療内容

 設備

 診察時間

 アクセス

 院内感染対策

 メディアでの紹介
   院外活動

 新着情報

 よくあるご質問

 お問い合わせ

 医療関係者の方へ

 リンク

 子供さんから
   いただいたお手紙

 スタッフ紹介

 院長ブログ

 院長の遊び場

 心肺蘇生法

 AEDの取り扱い

 骨粗鬆症と抜歯

 病気・からだのお話

 海外技工物問題

 海外技工物問題2
       ベリリウム

 医療費控除

有資格者の方

 歯科医師

 歯科衛生士

 歯科技工士

 看護師

資格なし・学生の方

 歯科助手