術中モニター(心電図)

 

当院では、必要に応じて歯科処置、外科処置中に心電図などをモニタリングする場合があります。これは、不整脈などに対する緊急対応しやすくするようにするためです。

 

       どのような場合に必要?

 

歯科治療、外科治療にかかわらず、全身的な疾患を抱えた患者さんを治療させていただくときに、必要に応じてモニタリングを行います。

とりわけ、インプラントや、侵襲の大きな歯周外科処置や親知らずの抜歯などに使用します。

 

       モニタリングで得られる情報

 

 心電図

 血圧

 動脈血酸素飽和度

これらの情報を常に確認しながら、施術させていただくことにより、緊急時にも適切な対応がしやすくなります。

 

       モニタリングの方法

 

モニタリングの方法は非常に簡単です。

心電図モニター用の電極を胸に貼らせて頂きまして、血圧測定用のマンシェットを腕に巻きます。

さらに、パルスオキシメーターのプローブを指に挟むだけです。場合によっては、血圧のみやパルスオキシメーターのみなど必要なものだけモニタリングする場合もあります。

まったく、痛みもありません。

 トップページ

 当院について

 診療内容

 設備

 診察時間

 アクセス

 院内感染対策

 メディアでの紹介
   院外活動

 新着情報

 よくあるご質問

 お問い合わせ

 医療関係者の方へ

 リンク

 子供さんから
   いただいたお手紙

 スタッフ紹介

 院長ブログ

 数学

 統計学

 暗号

 院長の遊び場

 心肺蘇生法

 AEDの取り扱い

 骨粗鬆症と抜歯

 病気・からだのお話

 海外技工物問題

 海外技工物問題2
       ベリリウム

 医療費控除

有資格者の方

 歯科医師

 歯科衛生士

 歯科技工士

 看護師

資格なし・学生の方

 歯科助手