口内炎

 

       口内炎の種類

 

口腔内、頬粘膜・口唇・歯肉・舌に出来る炎症を口内炎と呼びます。口内炎にはその原因として、細菌性のものやウイルス性のものもありますが、多くの場合はこれらとは違い、アフタ性口内炎と呼びます。

 

       口内炎の原因

 

アフタ性口内炎の発症に関してはいろいろな原因が挙げられます。

 口腔内環境の悪化

 ブラッシング時や義歯、歯牙や補綴物の鋭縁部による傷

 ビタミン不足

 口腔内乾燥(ドライマウス)

 ストレス

などです。

 

       口内炎の治療

 

口内炎は発症してしまえば通常は1週間ほどで緩解します。特別な治療法としましては、ステロイド軟膏の塗布や口内炎を焼いて治す場合もあります。

 

       口内炎の予防

 

原因除去が基本です。

 口腔内環境の悪化

口腔内環境に関しては、ご自分で考えているよりもずっと悪化している場合があります。長く歯科医院を受診していない場合は一度受診してみるほうが良いでしょう。

レントゲンを撮ってみて、思わぬものが見つかり、早期治療して事なきを得たという場合が、よくあります。

 ブラッシング時や義歯、歯牙や補綴物の鋭縁部による傷

ブラッシング時の傷は、適切なブラッシングをしているとなかなか出来るものではありません。また、義歯や歯牙、補綴物の鋭縁部は早めに調整しておくほうが無難でしょう。放置しておくと、それが原因で癌化する事もあります。

それと、合わない入れ歯は早めに調整してもらってください。

 ビタミン不足

ビタミン不足に関しては、ビタミンB2などのビタミンB群の摂取が良いでしょう。ビタミンB2はレバーなどに多く含まれているのでためしてみてください。

 口腔内乾燥(ドライマウス)

ドライマウスは、原因となる基礎疾患などがある場合や単なる加齢によるものがあります。どちらもドライマウス外来を受診されることをお勧めします。

 ストレス

ストレスの除去というのは、一般に困難な場合が多いです。職場のストレスや家庭でのストレスなどは特に難しいでしょう。この場合はストレスをためないことでしょう。何かストレス解消法を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 トップページ

 当院について

 診療内容

 設備

 診察時間

 アクセス

 院内感染対策

 メディアでの紹介
   院外活動

 新着情報

 よくあるご質問

 お問い合わせ

 医療関係者の方へ

 リンク

 子供さんから
   いただいたお手紙

 スタッフ紹介

 院長ブログ

 数学

 統計学

 暗号

 院長の遊び場

 心肺蘇生法

 AEDの取り扱い

 骨粗鬆症と抜歯

 病気・からだのお話

 海外技工物問題

 海外技工物問題2
       ベリリウム

 医療費控除

有資格者の方

 歯科医師

 歯科衛生士

 歯科技工士

 看護師

資格なし・学生の方

 歯科助手